多摩大学目黒について


学校生活について


在校生・保護者向け情報


受験生向け情報


卒業生向け情報

多摩大学目黒トップ > キャンパスニュース > 2017年9月26日号

【クラブ紹介】女子バスケットボール部

 女子バスケットボール部の自慢はチームワークの良さ。中高合わせても部員数は多くはありませんが、バスケットボールが大好きな精鋭が集まって、一生懸命練習しています。

 指導するのは2名の顧問教員とコーチの3名体制。週に4回、基本的に目黒校舎の体育館で練習しています。休日や長期休みはあざみ野セミナーハウスの体育館も使っています。


まずはランニングでウォームアップ。


準備体操をしっかり行います。


顧問の指導を受けながらシュートの練習からスタート。


コーチも適宜指導。手厚い指導体制が整っています。


一本一本集中して精度を高めます。


この練習が試合につながる!常にそう考えて真剣に練習します。


ゴールネットにボールが収まる音が気持ち良いです。


集合して動きを確認します。


休憩時間。顧問教員と笑顔でお話しします。


女子らしく可愛らしいカップでしっかり水分補給。


先輩後輩の仲が良いのも自慢です。


休憩後はゾーンの練習開始。


チームに分かれて競い合います。


相手を探してしっかりパス。


ディフェンスを抜いてシュートまで持っていきます。


正確にパスを出します。


水分補給はこまめに行います。


マネージャーは2人の顧問とメニューの相談。


最後はオールコートの試合形式で練習です。


このシュートが試合を決めるかもしれません。


シュートがきれいに決まりました!


練習後はさすがにヘトヘトです。


疲れていてもカメラを向けるとすぐに笑顔!


マネージャーも大切な仲間!


笑顔いっぱいの女子バスケットボール部です。


キャンパスニュース一覧に戻る